失敗しない不動産投資を行うにはどう準備をしたらいい?

不動産投資にはさまざまな種類がある!

一言で不動産投資といっても、そこにはさまざまに種類があることを認識し、自分自身にあった投資の種類を選択することが重要です。
初心者が不動産投資をはじめるにあたって、まず考えなければならないのが、自分に合った不動産投資はいったいどのようなものかを考えることです。

一般的に不動産投資では、マンションの一室への投資、戸建てやアパート一棟への投資、またマンション一棟への投資など、規模においてもさまざまな投資の形態があります。
さらに、新築か中古かなどその物件の状態によってもリスクや得られる収益も異なります。
不動産投資をはじめる人の自己資金の準備状況、また投資の目的に応じた投資スタイルを選ぶ必要があるというわけです。

物件の種類でリスクや収益性が異なる!

例えば新築マンションの一室への投資では、立地などの条件をしっかり選ぶなどしておけば、安定的な資産形成ができます。
あるいは、戸建てへの不動産投資では、木造住宅であることが多いため、鉄筋構造のマンションなどと比較すると老朽化へのリスクが高くなり、メンテナンスへの準備が必要ともなり収益性が低いということができます。

中古の物件では、マンション、アパート、戸建てに限らず、比較的価格帯が低いため好物件と考えてしまいがちですが、設備が古いなどのリスクもあります。
また、物件自体の履歴やマンションなどでは、他の部屋の入居者状況や情報も知る必要があり、ある程度の経験者でないと判断が難しい投資物件といえるでしょう。
このように、投資する物件の種類によって、リスクやメリット、デメリットが異なるため、投資する人の経験やあるいは自己資金状況など、また投資目的などを考慮し、その投資の種類を見定めることが大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る